シニアのスマホライフ:ネットショッピング事始め

YOUTUBE動画


シニアがスマホで、オンラインショッピングを始めるにあたって、役に立つであろうことを解説します。

買い物といえば、まず自宅からスーパーなどへ出かけます。店では、カートに商品をピックアップして、レジで精算します。そして買ったものを持ち帰ります。

ネットショッピングでは、あらかじめユーザ登録しておけば、出かける、現金を払い清算する、持ち帰る、という手間がいらなくなります。スマホでほしい商品を購入します。商品の配送は宅配便業者にやってもらえます。清算は、カード決済などで行われます。

ネットショッピングのいいところは、近所に店がなくても買い物ができ、車の運転をしなくても買い物ができる、ことです。また、物流、金流を気にしなくていいことです。そして、ネットに慣れた場合は、評判や口コミや値段比較などの情報を得ることができるメリットを享受することができます。

総務省の統計データによると、今や、65歳以上の世帯の3割以上がネットショッピングを利用しているそうです。高齢者に広がっています。

高齢者がネットショッピングを始めるための準備事項について説明します。

まずメールを準備します。なぜかというと、商品を注文すると、商品注文の確認・発送や配送の連絡のため、メールが使われるからです。そのため、登録時にメールアドレスを聞かれます。普段メールを使わない場合、GMailを使うといいです。「上手に受け取る」という別の動画で解説しています。

メールアドレスを準備したら、ユーザ登録します。最初にユーザとしてのIDとパスワードを決めます。IDは、メールアドレスをそのまま使ったりします。このIDとパスワードは控えておきましょう。次に、商品を宅配するため、住所氏名・電話を登録します。また、料金を払うために、通常、クレジットカードを登録します。そういった情報を登録しておくことで、買い物するときにはネットショップにログインするだけで自動的に住所氏名やクレカの紐づけが行われることになります。

ユーザ登録および実際の買い物時、ブラウザで直接、ネットの店舗サイトへ行ってやるか、スマホに店舗専用アプリをいれてやるか、いずれかとなります。ネットの店舗サイトを直接利用するには、ブラウザを起動しWEBアドレスを入力しないといけないですが、アプリですとタップ一つで開けるので、アプリをお勧めします。

以上の準備作業をまとめます。まずメールアドレスを確認します。アプリをスマホに入れます。そして、ユーザ登録します。これが済んだら、実際の買い物ができます。実際の買い物は、たいていは、商品を検索して、料金を調べて、カートに入れて、購入手続きをとって、という流れになります。店舗サイト、スマホアプリとも、画面はごちゃごちゃ込み入っていると思いますので、どこをタップすれば次へ進めるか、戸惑うことが多々あると思います。最初のうちは、流れがつかめるまで、近親者やサポートスタッフに手伝ってもらって、慣れてください。

店舗サイトないしスマホアプリで買い物ができたら、これ以降、買い物すれば物が宅配業者によって届けられます。そして、通常、月締めのカード払いで清算されます。

以下では、ネットショッピングをする際に気を付けてほしいこと、何点か説明します。

利用店舗は、楽天やアマゾンなど大手か、自分がよく知っているところにしてください。いろいろ手を出すと、詐欺サイトにひっかりやすくなります。

商品に関する口コミや評価を見ると参考になります。そこで注意することは、サクラによる評価です。評価は数が多いのだけ信用してください。少数のものはサクラによる虚偽データの可能性があります。

値段は送料込みで判断してください。粗悪な商品を掲載する店舗もあるので、安物買いの銭失いにならないように気を付けてください。価格ドットコムというサイトで、価格を比較できるので、利用するといいです。

一度やると、金額的に影響が大きいのが、定額サービスです。いわゆるサブスクと呼ばれるサービスです。月ごとにお金を取られるため、1年たつと思わぬ出費になったりします。最初は無料というのは当てにしてはいけません。重々、注意してください。一度契約すると退会が面倒だったりします。若い人に相談してやってください。

以上をまとめます。ネットショッピングは、近くに店がなくても、車を運転できなくなっても、買い物を楽しめる便利なものです。ですが、始めるには、若い人にサポートしてもらってやってください。大手を利用し、口コミ評価を気にして下さい。定額サービスは要注意です。